教育費もかかる我が家。住宅ローン、いくらまで?

結婚して子供を授かると、そろそろ気になるマイホーム。

試算してもらうと、思った以上に住宅ローンが組めることが分かった。

その金額の物件を見に行くと、心躍るような素敵な家がたくさん!

でも本当にその物件を選んで大丈夫でしょうか?

同じ年収・同じ家族構成でも、ライフプランは各ご家庭で先差万別。

今回は、お子様がいるご家庭の住宅ローンの適正金額の考え方をご紹介します。

将来必ず必要になる教育費はいくら?

お子様が誕生した瞬間、教育費がいつ・どの位かかるのかが分かります。

一般的には、教育費がピークになるのは子どもが大学生の時。

4年間(医科歯科系は6年間)で、総額いくらになるのかをご覧ください。

国立大学:約243万
私立文系:約386万
私立理系:約522万
医科歯科系:約2245万

 

出典:平成26年度「子供の学習費調査」の結果について
平成26年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金
「国立大学などの授業料その他費用に関する省令」

 

子供が大学生になると、毎月の家計内でのやりくりが難しくなる可能性が高くなります。

ここでのポイントは、子供が産まれた時点から教育資金の準備をスタートさせること。

年々、大学受験のスタートは早まって来ています。

高校2年生までには、想定する進路にかかる教育費を準備することが望ましいと言えるでしょう。

 

子供がいる我が家。住宅ローンはいくらまで組むのが正解?

 

上記のとおり教育費は子どもの成長と共に負担が大きくなり、大学生でピークをむかえます。

 

住宅ローンを組む際は、教育費のピークに耐えられる金額に設定する必要があるのです。

 

それでは、「ピークに耐えられる金額」はどのように計算すればいいのでしょうか?

 

まずは子供の進路を想定し、いつまいくら積み立てる必要があるかを計算して出します。

 

現在0歳、大学文系志望、目標額は400万を17歳までに準備するとした場合を見てみましょう。

 

児童手当で198万を確保。残り202万です。

 

計算すると、月1万を毎月積み立てれば目標に達します。

 

一方で、今住まいにかけている金額(家賃)を確認します。仮に10万だとしましょう。

 

教育費も貯めながら住宅ローンを組む場合、今住まいにかけている10万から教育費の積立分を差し引く必要があります。

 

さらに、家を買うとかかるお金(維持費)も確認。

 

「固定資産税・都市計画税」「管理費・修繕積立費」「将来のリフォーム代」などです。仮にここでは2万とします。

 

ここまで来たら適正となるローンの目安がでます。

 

10万ー1万(教育費積立)-2万(維持費)=8万

 

教育も貯めながら組める住宅ローンの適正価格の目安は、8万円ということになります。

物件選びは焦らない。適正な価格で満足できる家は必ずある

 

家を探し出すとつい背伸びしたくなるもの。

 

でも、家族との旅行や将来やりたいことなど、他にも大切なことはたくさんありますよね。

 

特に家計の3大支出である住宅と教育は大きな金額となるため、バランスをとって予算取りすることが本当に大切です。

 

我が家の適正な予算を決めてから、ぜひたくさんの物件を見てみてください。

 

焦らずじっくり見続けること。

 

そうすることで目が肥え、自然と知識もつき、満足できる家に巡り合えるはずです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です